治療のご案内

岡崎市の鈴木歯科では、患者様1人1人に最良と思われる治療計画・治療方法を提案させて頂き、説明・相談の上、治療を致します。

歯科レーザー治療

歯科レーザー治療患部にレーザーを照射して治療します。

レーザー治療は、

  1. 処置が簡単
  2. 痛みの少ない治療が可能
  3. 治療効果が表れるのが早く、局所麻酔を殆ど使用せずに治療を行うことが可能

などのメリットがあります。

レーザー治療の効果

  • 消炎効果
    (炎症を抑えます)

  • 沈痛・除痛効果
    (痛みを減らしたり抑えたりします)

  • 殺菌・消毒効果
    (治療のしにくい患部も治療できます)

  • 組織の活性化作用
    (歯肉を健康な状態に戻します)

レーザー治療が効果的な症状

  • 歯周病
    (歯槽膿漏の治療)
  • 顎関節症
    (あごの関節が痛む方)
  • 根管治療
    (歯の根っこ・神経の治療)
  • 口内炎・義歯の接触痛
    (痛みが和らぎます)

全ての患者様にすぐに効果がある訳ではございませんが、当院での症例ではかなりの患者様に改善がみられます。

レーザー治療Q&A

痛くないのですか?

ほとんど痛みは感じません。特にNd:YAGレーザーは無痛に最も近い治療と言われていて、研究機関などの実験でも立証されています。

安全なのですか?

レーザー治療は安全で副作用もなく、妊娠中の方、高血圧・心臓病の方、ペースメーカーを使用されている方なども安心して処置を受けることができます。

治療費用はかかるのですか?

鈴木歯科ではその効果の高さを確認し、どの患者様にも必要に応じ、施術したいと考えました。当院においてレーザー治療を行っても保健、自費治療にかかわらず患者様に一切の費用負担はありません。

インプラント

歯が抜けた時、代わりに自分の歯に近い人工の歯を「植立」します。

自然に近い美しい歯を取り戻し、食事もおいしくいただくことができます。

インプラントの優れた点

  • 見た目がきれいです。
  • 周りの歯を傷つけません。
  • 噛み心地は自分の歯とほぼ同じです。
  • 人工の歯が骨と結合し、違和感がありません。

インプラント治療の流れ

鈴木歯科では休診日(木曜日)にお一人のみのインプラント治療で、ゆとりある空間と時間の中で確実な治療を行い、定期健診等、アフターケア指導にも力を入れています。

ルシトーンF.R.S.(エステ入れ歯)

現在、少数の歯の欠損を補う局所入れ歯から多くの欠損を補う入れ歯まで、国民の約5人に1人は、何らかの入れ歯を使用しています。多くの入れ歯は、金属製ワイヤーを健康な歯に引っ掛ける仕組みになっており、金属アレルギーや健康な歯を傷つけるリスクもあります。

鈴木歯科でのスーパーポリアミド系樹脂、「ルシトーン FRS」は金属ワイヤーを使用しない、新しいタイプの入れ歯製作を可能としました。

従来の金属ワイヤーを必要とする入れ歯と比較した特長は、以下の通りです。

1. しなやかなフィット感
スーパーポリアミド樹脂(トロガミドCX7323)の優れた弾力(高い曲げ弾性率)、薄さ、軽さにより、今までにないしなやかなフィット感を得ることが可能。また、その弾力性により、割れること・傷つくことなども少なく、非常に丈夫。

2. 金属ワイヤーを使用しない
金属アレルギーのリスクを回避でき、また違和感なく、健康な歯も傷つきにくい。

3. 審美性が高い
一人一人に合った透明感のある歯肉の色合いを再現でき、金属ワイヤーもないため、入れ歯であることが非常に分かりづらい。

4. 安全性が高い
トロガミドCX7323は、米国薬局方のクラスVIを取得しており、生体の内部にも使用できる高い安全性を有する。

7020運動

当院では歯科医師会推進の8020運動(80歳で20本の歯を残す)達成のため、まず70歳で20本の歯を残すための口腔指導に力を入れています。

鈴木歯科に通院されている方で達成されると表彰状が贈られます、

忙しい毎日の中、年齢を重ね、体も衰えて参ります。しかし、歯や口腔状態が良く、おいしく食事をとることができれば、必ず健康で楽しい毎日が送れると考えております。

ぜひ、定期健診を受け、ご一緒に7020運動を目指していただければうれしく思います。

小児歯科

当院ではできてしまった虫歯を治すより、虫歯をつくらない予防に力を入れています。

大切なお子様の歯を守るため、開業時よりフッ素塗布治療は無料で行っております。

また、学校歯科医としてはえかわり相談もお受けしております。

ムーシールド(お子様の受け口の治療装置)

ムーシールドは口腔周囲筋群の不調和を整え、正常な筋機能に導き、正常な咬合に誘導する装置です(マウスピース)。

柳澤完光先生が乳歯列の時にだけ使用できる矯正装置(ムーシールド)を考案されました。

鈴木歯科院長は柳澤先生の講習を受け、当医院でも治療を成功させております。

就寝時のみの使用で1年間位をめどに使用して頂きます。

永久歯が生えて矯正治療が必要となる可能性もありますが、反対咬合の原因の一つでもある舌の位置の異常を改善することができますので、将来に良い影響を与えられると考えられます。

ご心配がありましたら是非ご相談ください。

クラウンループ

クラウンループとは保隙(ほげき)装置です。

保隙とは乳歯が早期に抜けてしまった場合、後から生えてくる永久歯が正常な位置に生えてくるようにするために行われる処置のことです。

乳歯が早期に抜けてしまった場合、6歳になると生えてくる第一大臼歯が通常よりも前の方に生えてきてしまい、その後に生えてくる歯のスペースが足りなくなり、歯がガタガタになってしまう恐れがあります。

将来の美しい歯並びのため、そのスペースを確保しておくための装置です。

マウスガード

歯や口の外傷の原因の1位はスポーツ、2位が交通事故です。

意外に多いスポーツでの歯の損傷です。大切な永久歯の前歯などを失うと一生後悔が残ると思います。

口腔外傷の予防
外から受ける歯、顎や口の周りへの衝撃を吸収し、ケガを防ぎ、また自分の歯で口の中を切ったり、相手をケガさせてしまったりすることも防ぎます。

脳震盪の予防
顎に加わった衝撃が、顎関節や頭蓋骨に伝わるのをマウスガードが吸収してくれる効果や、マウスガードを正しく噛み合せる事で、頭頸部の筋活動がアップして頭部が固定され、脳が揺れるのを防ぐ効果が期待できます。

顎の骨折予防
マウスガードがクッションになってくれる効果や歯との噛み合せている接触面積が広がることにより、衝撃が分散され、顎関節の保護や骨折の予防にもつながります。

運動パフォーマンスの向上
衝撃を受けないスポーツでも、マウスガードを装着することによって、正しい噛み合わせの位置が保たれるため、体のバランス感覚が向上する人もいます。アーチェリーやゴルフといったバランス感覚を重要視するスポーツでもマウスガードは使用されてきています。 人は自分のバランスのゆがみを目や耳などを使って、気がつかないうちに補正しています。ずれている噛み合せや、悪い歯ならびをマウスガードで補正することによって、体にかかっていた余分な負担をなくし、運動能力が伸びたり、故障が少なくなったりする効果も期待できます。 マウスガードによって、上下の歯の接触面積が広がることで、筋力や身体の反応にも影響を与えると言われています。

マウスガードはいろいろな色も選べるようになっており、オシャレ感覚で装着されても良いと思います。

鈴木歯科院長はマウスガード認定医です。大切なスポーツ好きのお子様の歯を守るため、ぜひご相談ください。

Copyright © 2011-2017 Suzuki Dental Clinic. All Rights Reserved.